SGE関連専門用語説明へスキップ

SGEに関連した専門用語等の解説文をまとめました。

SGE研究レポートに記載の専門的用語の説明。

一般お問い合わせメールフォーム

専門用語等の説明(※)SGE関連用語

SGE研究関連の専門用語解説


SGE商品関連用語の説明


専門用語解説SGE研究関連

1. QOL(キューオーエル)とは、

1. クォリティー‐オブ‐ライフ [quality-of-life]
[1] 生活の質に関するさま.生活の快適さ・質の高い生活水準に関するさま
[2]
【医】 患者の生活全体の向上を目標として治療を行う医療の考え方
(インフォシーク大辞林より)


2. ホルンフェルスとは、

2.  [(ドイツ) Hornfels]
接触変成作用によって生じた変成岩。
再結晶が完全に行われ、細粒で等粒状の鉱物からなり、片理(へんり)を示さない。
(インフォシーク大辞林より)


3. イオンとは、

3. 〔ギリシャ語で「行く」の意〕
電気を帯びた原子や原子団。中性の原子や原子団が電子を得たり失ったりすると負または正の電気を帯びた粒子が得られる。
正の電気を帯びたものを陽イオンといい、負の電気を帯びたものを陰イオンという。
電解質の溶液に電圧をかけると、陽イオンは陰極に向かい、陰イオンは陽極に向かって移動し、電流が流れる。
(インフォシークマルチ辞書より)


4. マイナスイオンとは、

4.  マイナスイオンは、1922年に空気中の過剰電子によりイオン化した分子の陰イオン(英語でアニオン、anion)を指して、生理学的な研究報告の際に訳語として紹介された和製英語である。
通産省の先端技術の紹介文献において、水溶液中のイオンの状態をあらわす用法としても用いられている。

家電メーカー13社からはマイナスイオンの定義として「空気中の原子や分子が電子を得てマイナスに帯電したもの」というほぼ共通した回答があり一部に関しては特性に関する自社の研究データがある。
家電製品のイメージは「健康によいもの」であったが、実態は統一的な定義もなく、健康に関して標榜されたさまざまな効果効能の中には科学的に研究されたものもあるが、実証が不十分であるものが多い。

[日本国内のマイナスイオン研究の実情]
空気イオンの生理学的研究には、1922年に出版された『内科診療の実際』において、空気マイナスイオンには鎮静作用が、空気プラスイオンには興奮作用があり、血圧、脈拍、呼吸、血糖値、白血球など多くの生理学作用の増減報告がなされている。

1930年代にもいくつかの例を示せば、血液酵素アミラーゼが陰イオンにより増強され陽イオンは阻害する、マイナスイオン療法は活性酵素を抑制しモルヒネ受容体と結合するため関節炎・打撲・骨折などの炎症を緩和し機能回復を促進する、陰イオンは特に糖尿病患者の血糖値を抑制するといった研究論文がある。

2003年に、国民生活センターが有識者に意見を求め、東京理科大学の中江茂が人体との因果関係に関する研究論文が1970年以降400件近くあり大部分は効果ありとするものであり、客観的にはマイナスイオンは有益であると回答している。
(Wikipediaより抜粋)


5. 太陽エネルギーとは、

5. 太陽が放出するエネルギー。
太陽は核融合により得られたエネルギーを毎秒 3.8×1026 Jの電磁波として放出する。
その約 50%は赤外線,約 40%は可視光線,約 10%は紫外線である。

地球が受けるエネルギーはその約 22億分の1にすぎないが,地球上のほとんどすべてのエネルギーの源が太陽エネルギーである。

近年化石燃料消費が急激に増大したこと,および新しいエネルギー源である原子力が放射性物質を出すことなどから,太陽エネルギーを直接,より有効に電力や熱源とする方式が注目され研究が始められている。
(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より)


6. 遠赤外線とは、

6. 赤外線(英語: infrared rays)は、可視光線の赤色より波長が長く(周波数が低い)、電波より波長の短い電磁波のことである。

ヒトの目では見ることができない光である。英語の"infrared"は「赤より下」の意である。

遠赤外線は、およそ4〜1000μm(マイクロメートル)の電磁波である。電波に近い性質も持つ。

遠赤外線は、赤色光線の中でも波長が長く、体の深部まで届く効果がある。 その遠赤外線が暖かいのは、日光を浴びて暖かいと感じるのと同じである。

電磁波は、電波、赤外線、可視光線、紫外線、エックス線、ガンマ線と大きく区別される。

電磁波というと、害がありそうで聞こえが悪いが、害が指摘されている電磁波はごく一部の周波数帯のものであって、遠赤外線は含まれない。

赤外線は物体からは必ず放射されている(黒体放射)。
すなわち熱線としての性質を持ち、高い温度の物体ほど赤外線を強く放射する。

また、放射のピークの波長は温度に反比例する。室温20℃の物体が放射する赤外線のピーク波長は10μm(マイクロメートル)程度である。
熱線として調理や暖房など加熱機器に利用される。
(Wikipedia、他より)

電 磁 波
←長波長       短波長 →
電波 - マイクロ波 - (テラヘルツ波)遠赤外線 - 赤外線 - 可視光線 - 紫外線 - X線 - ガンマ線 - 電磁放射線

7. サトルエネルギーとは、

7. サトルとは英語のsubtleで、微弱、微小、未知な、などの意味があります。
マイナスイオンを始め、磁気、遠赤外線、超音波、静電気、波動、アロマ、宝石、水などのエネルギー分野のことをいいます。

人間は環境からの感じるか、感じないような微弱なエネルギーに影響を受けて生命を維持しています。
現代科学の世界で未だ掴みきれないでいるこの微弱なエネルギーを、「サトルエネルギー」と呼んでいます。

眼に見えない微弱なエネルギーが人間の体や地球に与える影響は、いろいろな意味で決して無視できないものと考えられるようになっています。
病気治癒には、なによりも自然環境に秘めた偉大な力、「サトルエネルギー」を上手に活用しようという流れが生まれてきました。

さらに地球資源が持つ様々なサトルエネルギーがマイナスイオンと結びつくことによって、私たちの健康や美容、環境をどのように甦らせるのかを紹介します。
(東京大学大学院 医学系研究科 日本マイナスイオン応用学会会長 山野井昇氏による)


8. サトルエネルギー学会

8. サトルエネルギー学会は、「物質や生体のもつ微細エネルギーを、産・学・官の協力のもとに究明し、新しい科学と産業を育成することにより、地球環境の保全と、人類の未来に貢献すること」を目的に1995年に設立されました。

活性水やヒーリングの現象解明、微弱エネルギーを利用した新科学の工業及び農業への応用、医療への応用など、幅広い分野で活動しています。

サトルエネルギー学会は如何なる政治団体、宗教団体にも属さない非営利団体です。
学会の運営は会員のボランティアに支えられています。

・米国のサトルエネルギー・医学学会(the International Society for the Study of Subtle Energies and Energy Medicune)


9. 活性酸素とは、

9. 原子状態の酸素や電子状態が不安定な酸素分子。
生体内では白血球の殺菌作用など多くの生理現象に関与する。
細胞を直接的あるいは間接的に傷つけ、老化の一因をつくる。
(インフォシーク大辞林より)


     

10. SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)とは、

10.  [スーパーオキシドディスムターゼ]=活性酸素分解酵素のこと。

酵素(こうそ)とは:〔enzyme〕生物の細胞内で合成され、消化・呼吸など、生体内で行われるほとんどすべての化学反応の触媒となる高分子化合物の総称。

タンパク質だけまたはタンパク質と低分子化合物とから成る。

その種類は多種多様で、化学反応に応じて作用する酵素の種類が異なる。
酒・味噌の醸造をはじめ、食品工業・製薬工業に広く利用される。
(インフォシーク大辞林より)


11. ミネラルとは、

11. 鉱物(mineral、ミネラル)とは、一般的には、地質学的作用により形成される、天然に産する一定の化学組成を有した無機質結晶質物質のことを指す。

一部例外があるが(琥珀など)、鉱物として記載されるためには、人工結晶や活動中の生物に含まれるものは厳密に排除される。
また鉱物は、固体でなければならない。(こちらにも、水銀などの例外もある)

栄養学においてミネラル(mineral)は、一般的な有機物に含まれる元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外に、生体にとって欠かせない元素のことを指す。「無機質」ともいう。

糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並び五大栄養素の一つとして数えられる。
動物の種類や性別、成長段階によって必要な種類や量は異なる。

また、欠乏症だけでなく過剰症も起こしうるので、ただ「多めに摂ればよい」というものではない。

なお、日本においては厚生労働省によって 12 成分(亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・ヨウ素・リン)が示されており、食品の栄養表示基準となっている。
(Wikipediaより)


12. 必須微量元素(必須微量ミネラル)とは、

12.  生物学において微量元素 (trace element) とは、生命活動に不可欠な元素のうち生物の体内に保持されている量が比較的少ない元素のこと。
一般に、生体含有量が鉄以下の元素を指す。

さらに、微量ながら生命活動に欠かせない元素を「必須微量元素」と呼び、人においては、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、モリブデン、セレン、クロム、およびコバルトが知られている。(現在9種類)
(Wikipediaより)


商品関係用語説明SGE商品関連

13. デトックスとは、

13. デトックス (detox) とは、体内に溜まった毒物を排出させることである。
この呼び名は "detoxification"、解毒の短縮形である。
つまり、(体内から毒素や老廃物を)取り除くことである。

アルコール依存症や薬物依存症の際に身体から薬物を減少させる治療を解毒(detoxification)と呼び、デトックスと言う場合もある。
この場合、離脱症状の管理も必要とされる。

「現代社会を暮らしていく上で、体内に人体に悪影響を及ぼす化学物質(主に重金属や合成化合物、薬物のうち、特に有害なもの)が蓄積され、また自身の体内からも活性酸素などが生成されている」とされている。

デトックスとは、いろいろな方法でこういった体内の有毒な物質を排出することを指す。
これら有害な物質の多くが脂肪に蓄積されることから、ダイエットと関連付けられることもある。
(Wikipediaより)


14. 「浄水」と「活水」の違い

14. ・「浄水」するとは、水道水などの水をろ過し、水に含まれる細菌やサビ、残留塩素、トリハロメタンなどの化学物質・不純物を除去することをいいます。

その取り除ける程度、レベルもいろいろありますが、浄水しただけでは水自体を活性化するつまり、「活きた水」に変化させることはできません。
一般家庭での浄水は、浄水器という形で使用されることが多く、蛇口取付型、据え置き型、水栓一体型、ポット型などの種類があります。

・「活水」するとは、水そのものの力を最大限に発揮する目的で、水の分子の塊を吸収しやすくするために、より小さなクラスターへと変化させます。

水を活水化するために一般的には磁力、遠赤外線、セラミックなどを使って行い、いずれも化学物質などを除去するという機能ではなく、水そのものを変化させて、体に吸収されやすくて、美味しい飲みやすい水をつくります。
活水器は大型で水道管の一部に取り付ける形式が多くみられます。

[★参考]
SGE天降石と天降石の中から生まれたSGEウォーターは、SGEが持つ「活水化作用」により、非常に身体に吸収されやすくて身体に溜まった老廃物を外に排出する作用に優れています。

従来、簡単には体外に排泄されないとされたダイオキシンを始めとする猛毒の塩素化合物が排泄されている事が公的機関で確認されています。

【SGEセラミックスサンドバス】ご紹介ページで確認。>



15. <SGE関係化学記号>元素名(ミネラル)

15. Na(ナトリウム) ・K(カリウム) ・Ca(カルシウム) ・Mg(マグネシウム) ・Li(リチウム) ・Sr(ストロンチウム) ・Ba(バリウム)・ Fe(鉄) ・Mn(マンガン) ・Al(アルミニウム) ・Cu(銅) ・Ni(ニッケル) ・Co(コバルト) ・Cr(クロム) ・V(バナジウム) ・Mo(モリブデン) ・Ti(チタン) ・Se(セレン) ・Ag(銀) ・I(ヨウ素) ・Si(珪素(別名シリカ)) ・P(リン) ・B(ホウ素) ・Ge(ゲルマニウム) ・Zn(亜鉛)



このサイト内の記述・画像等の全ての著作権その他の権利は、運営者であるアドバンス合同会社に帰属しています。
無断転載・流用・模倣は著作権の侵害となり、勝手に利用することできません。



〜(ご注意)〜
同じ商品を扱われる業者様で弊社ホームページの文言、文章等を無断転載・流用しているサイトを複数発見しています。(敢えて、ココで名前は公表しませんが。)
以前にも盗用を発見し直接ご注意させていただいた業者様も、また、無断で再流用・再模倣していることを確認しています。
業者様自身は流用していることを分かって行っておられるので、このまま無断使用を続けられますと法的手続きにまで発展します。直ちに模倣・流用している部分を削除して、
ホームページは盗用やマネでは無く、自分自身独自で考えて作成されるようにお願いします。

ショップ情報

SGEオンラインショップ
オールヒューマン

★お問合せはメールをご利用ください。
【一般お問合せメールフォーム】へ >

★事業用としてのお問合せは
【事業者様専用フォーム】>から

お問合せ前に先ず「よくあるご質問」>をご覧ください。

★ショップ案内 >
(お支払い方法・配送・休日・会社概要)

★お客様お問合せ専用:
TEL.050-3700-1678

★メールが届かないお客様へ >
(フリーメール等について)

サイトマップ >